外装リフォームの情報はここから!

このサイトは外装リフォームについての情報を解説しています。
外壁リフォームといえば、家の見た目を良くするために行われるものというイメージが強いかもしれません。
しかし、実際には見た目以外にも様々な影響を与える要素となっています。
そんな外壁リフォームの特徴に関して紹介していきます。
なぜ外壁が重要となるのか、どういった素材を使うことが有効なのかについても記載しているので大きく役立つ情報をチェックすることが出来ます。

初心者必見!知って損なしの外壁リフォームの知識!

初心者必見!知って損なしの外壁リフォームの知識! 外装リフォームを行うときにはどのような素材を使用するのかが重要となります。
外装の素材によっては断熱性や通気性が良くなるものもあります。
断熱性を高くする外装リフォームを行うことが出来れば、室内の空調の効果を高めることが可能です。
それは電気代の節約にも繋がります。
そういった知識を発信することにより、多様な外装リフォームに役立てることが出来ます。
家の環境によっては選ぶべき外壁が変わります。
日差しを受けやすい家、台風がよく到来する地域、雨の多いエリアなどそれぞれに合わせることが出来るのが魅力です。
それらの知識を手に入れておくことにより、住宅における外装リフォームのメリットを一層実感できる可能性が高まります。

外装リフォームの重要性をぜひ知っておきたい

外装リフォームの重要性をぜひ知っておきたい リフォームをしたいところというと、どうしても家の中のことを意識してしまいがちです。
生活に直接かかわる部分をより良いものとしていくことは生活の質を上げていくことにつながりますから、そういった身近な部分を優先したくなるのは仕方ないことです。
しかし、そういった内部のリフォームだけではなく、家の外装リフォームも重要だという事をしっかり意識しておきましょう。
外装リフォームは単に家の見た目を良くするだけのものではありません。
劣化した外壁などをきちんと修復し、再度綺麗にカバーしていくことにより、家全体を守っていくことにつながるのです。
外壁は日々雨風にさらされているため、知らず知らずのうちに表面が劣化していくことがあります。
それにより、雨水などが浸透しやすくなり、家の内部を腐食させたり雨漏りに繋がったりしがちなのです。
さらに、普段見えない部分などが割れたり欠けたりしてしまうと、そこから家全体を壊してしまうかもしれないのです。
そのため、外装リフォームの重要性は高いと言えます。
定期的に外装リフォームの計画をしておき、塗装し直すなど綺麗にしておくことで見た目はもちろん家全体を守るために役立ってくれると言えるでしょう。

外装リフォームでは必須とされる機材の足場は欠かせません

外装リフォームを検討している方の中には外壁材の張り替えを行う方法、屋根の葺き替えを希望する場合、外壁塗装や屋根塗装を行うことが多い傾向にあります。このような工事の際には欠かせない機材類は足場をあげることができ、高所での作業を安全性を保つために必要であったり、作業をする上で効率の良い施工をすることにも非常に役立ちます。外装リフォームを行う現場の殆どで採用されている足場ですが、リフォームを専門会社に依頼をした場合、その会社が独自で組み立てをする方法や、専門会社に設置の委託をする方法に分かれており、住宅の大きさにより違いはありますが、通常の戸建て住宅であれば数時間で設置をすることができ、施工完了後には速やかに撤収することは広範囲で行われています。種類というものもあり設置するスペースが狭い場合は単管タイプを採用し、それ以外では踏板式タイプを用いることも全国的共通として選択肢はあります。塗装作業に限定する場合は、高所作業をスムーズに行えることは勿論ですが、外壁材を交換するような施工でも外壁資材を上へと運ぶ際にも絶大な効果を発揮します。

外装リフォーム業者に外壁塗装を依頼する前に知っておきたいこと

新築の注文住宅でも5年程度経過すれば、外壁の汚れが目につくようになります。また日本人はアジア圏内でも特に綺麗好きだといわれていて、外壁の見た目をとても気にする傾向があるのです。では外装リフォーム業者に外壁塗装を依頼するに当たっては、どのような知識を身に付けておけばよいのでしょうか。基本知識として押さえておかなければならないのは、外壁塗装に使用される塗料の種類です。まずほとんどの新築の注文住宅には、アクリル樹脂と呼ばれる塗料が使用されています。耐久性は低いですが安価であるため、注文住宅の総費用を抑えるためにこの塗料が選ばれるのです。一方で外装リフォーム業者が主に使用する塗料は、ウレタン樹脂もしくはシリコン樹脂です。これらの塗料には、アクリル樹脂よりも価格は高いですが耐久性に優れているという特徴があります。「1度塗装すれば、10年以上はもつ」ともいわれています。工事費用の安さをウリにしている外装リフォーム業者があれば、耐久性の低いアクリル樹脂を使用している可能性があるので注意が必要です。

屋根の外装リフォームのはどのような種類があるのかについて

屋根の外装リフォームの目的は、雨風や日差しにさらされて劣化するので、外見だけでなく雨漏りを予防するために行います。様々な方法がありますが、最も簡単にできる外装リフォームは塗り替え工事です。新築の時に使われた塗料をそのまま使う事もできますが、より耐水性や紫外線に強い塗料を変えるを選べば長持ちさせる事が出来ます。塗り替え工事では、始めに塗られていた塗料を高圧洗浄でしっかり流し落としてから、下塗りと上塗りの2回を繰り返すのが一般的です。 他の方法として、屋根の上に新しい部材を重ね葺きする工事もあります。この方法のメリットは新しい部材を使うので、家全体の外観イメージを一新できる事です。デメリットは既存の部材の上から、新しい物を重ねるため軽量のものしか使えずに、雨漏りとか問題が起きてない事が前提となります。それ以外にも全ての部材を撤去して、位置から新しい部材を葺き替える工事もあります。この方法は塗装ではもう修復困難なほど水漏れが起きている時に行われ、最も施工期間が長い方法です。

外装リフォームの工事の内容と金額について

外装リフォーム、いわゆる屋根や壁など外から見える部分を修復するなどして見栄えをよくしたり、使いやすいようにしたりする工事のことです。外装リフォームは約10年が経ってからおこなうことが多いです。屋根や外壁の色が褪せてきたり、穴や大傷が生じたりして工事をおこないます。外装をいかに入念に管理していても直射日光や風や雨などによって損傷してくることがほとんどです。見栄えをよくしたいと誰もが思いますので施工業者にお願いすることになります。外装リフォームの金額は、標準家庭30坪建ての場合、屋根だけで数十万円かかります。材料費などが追加されるとプラス支払いとなります。壁の場合も同じくらいの金額になるでしょう。他にも壁を崩して部屋を取り付けたり、サンルーム設置やウッドデッキ追加などになると十万単位で価格が上がっていきます。一生住む家だと考えれば、リフォームの金額は微々たるものではないでしょうか。自分が満足するまでリフォームに拘ることも大切です。

外装リフォームを行えば家の資産価値が上がる

普段意識することの少ない家の外壁塗装は、実は建物そのものの資産価値を決める大切な要素です。家は絶えず紫外線にさらされ、雨風にあたっています。外装リフォームは経年劣化を補うだけではなく、日常生活のトラブルも防ぐものなのです。
外装リフォームは、おおよそ10年に1度行うべきと言われています。しかし、壁にひび割れが入ったなどトラブルが見られた際には、そこからの腐食を抑えるために早めの外装リフォームが必要です。
大きな外装の傷やカビが無ければ、外装リフォームは必要でないと考える人もいます。そういう場合は、建物の資産価値を考えてみましょう。
建物の外見が悪ければ価値が下がります。加えて、基礎部分が弱っていたりするようなことがあれば、建物全体が脆弱であると判断されかねません。耐震性や安全性が弱いとなると、価値は一気に下がってしまうのです。
外装をこまめに整えることで、雨風に強く基礎部分に負担がかからない家にすることが出来ます。

通常の外装リフォームと高寿命に向いている住宅資材の選択肢

戸建て住宅にお住いの方は外装リフォームとして外壁や屋根、軒裏天井などに塗装を施すことが一般的です。
塗り替えを定期的に行っている場合、寿命を長く保つことは可能ですがサイディングの場合は約40年、モルタルの場合は約30年、ALCボードは約60年、コンクリートは80年程度になることが基本です。
いずれもメンテナンスは必要になりますが、頻繁に外装リフォームをせずに済ませたいという方は、塗り替えではなくALCボードに施工する方法も推奨できます。
かなりの耐久性を発揮しながらも施工性の良い素材になるメリット、表面のデザインが豊富にあり、尚且つ高級感を発揮できることもメリットになります。
断熱性や耐火性にも優れた効果を発揮し、軽量素材になることから耐震性の問題もクリアできます。一般的なサイディングよりも料金は高めになりますが、塗装リフォームを行う頻度を大きく減らすこともできるので長期的な視野で検討した場合、経費の掛からない外装に仕上げられます。

安心感は専門業者より高い家電量販店の外装リフォーム

自宅の外壁の状態が悪くなると、早めに塗装をしなければいけません。しかし外壁塗装にはトラブルも多く、また悪質な業者も少なくありません。
勧誘がしつこい、高額な料金を請求するなどのトラブルも発生しているため、安心感がある業者に依頼したくなるでしょう。
外装リフォームで安心感を求めるなら、おすすめは家電量販店です。家電量販店の外装リフォームは専門業者と比較すると料金は高めですが、普段から利用している店舗に頼めるので安心感は抜群です。
信頼できる店舗が専門業者を選んでくれるので、不安な気持ちは解消できます。外装リフォームの施工は下請けに任せても、施工管理業務や最終チェックは自社で行っています。
外装リフォームにネガティブなイメージがある人ほど、魅力を感じるポイントでしょう。他にも契約と同時に家電を購入すれば割引してもらえる、水回りやオール電化など別のリフォームと同時にできるなど、依頼したくなる魅力がたくさんあります。

外装リフォームを行うことで簡単にイメージチェンジが出来る

お家の外観は家の印象を決める大切なポイントです。外装リフォームを行うことは、最も簡単なお家のイメージチェンジの方法と言えるかもしれません。
外装リフォームで最も負担が少ないのは「塗替え」になります。工期が短く簡単な補修が行える点がメリットです。
色の変化はリフォーム社の画像ソフトで、変更後の色合いイメージを確認することが出来ます。実際に塗られた色と画面の色は、大抵の場合少し違うので注意しましょう。
外装リフォームの一般的な手法には「カバー工法」というものもあります。外壁の上から新しい外壁材を取り付ける方法で、劣化がある程度進んでいてもイメージチェンジが可能です。
外壁が二重構造になることで、断熱性がアップし住みやすくなる点もメリットとなります。「塗替え」よりもコストは高くなりますが、遮音性などの性能も向上するためおすすめです。
建物自体の強度も上がるので、外装リフォームでは積極的に採用されている方法と言えます。

自宅の外装リフォームはDIYでもできる範囲があります

2階建ての戸建て住宅に住んでいる方が、外装リフォームを検討しているならば経費を安くして節約をするにはDIYでも対応できる場所はいくつかあります。
外装リフォームは主に塗料の塗り替えになりますが、外壁の場合は足場設置が必須になるので、この部分を専門会社に依頼をすると、ローラーと刷毛を使って自分で塗装をすることは可能です。
使う塗料によりますが、リフォーム会社に依頼するよりも半額以下で抑えることができるので、チャレンジする価値は十分にあるのではないでしょうか。
同じように外塀があれば手作業で塗装をしたり、道路から玄関までのアプローチ部分に対してタイルやレンガ、コンクリートで施工する方法も近隣にホームセンターがあれば比較的簡単作業で済ませられます。
玄関ドアやサッシを外装リフォームの対象としている方は、塗料による塗り替えの方法はありますが、面積が狭い部分になるので住宅資材用のラッピングシートを貼り付ける方法もDIYでは初歩的な範囲なので無理ではありません。

外装リフォームは外観だけでなく耐久性を高める

外装リフォームは外観を綺麗にするイメージが強いですが、耐久性を高めることにも繋がるのではないでしょうか。
建物の外側に位置する外装は、紫外線や排気ガス、酸性雨といったものからダメージを受け続けています。
経年で塗装が劣化するのもこれらが原因で、一定周期でリフォームする必要があります。
外装リフォームは外観の状態をリセットする方法で、見た目を綺麗にして、更に耐久性を高めることができます。
修繕で傷みを回復するのが外装リフォームなので、新築に近い状態に綺麗になるのは当然です。
経年で蓄積したダメージがリセットされますが、これは耐久面にも当てはまります。
つまり外装リフォームをすることで、再び快適に安心して暮らせるようになるわけです。
工事の際にアップグレードすれば、工事前よりも強固に、長持ちするように変えられます。
予算や工期との兼ね合いもありますが、工事はアップグレードを図るチャンスなので、検討するのが正解ではないでしょうか。

外装リフォームには自治体から補助金が出ることがある

屋根・外壁・窓といった住宅の外装部分は、室内環境を快適に保つとともに、建物自体を風雨や紫外線などから守る役目を果たしています。
ただしその性能は時間の経過とともに徐々に低下するため、定期的なリフォームが必要です。
外装リフォームはそれほど頻繁に行う必要はないものの、本格的な工事となるとかなりの費用が必要となります。
しかし快適な生活環境は、市民生活にとってとても重要な要素の1つです。
そのため、多くの自治体では一定の要件を満たしたリフォーム工事には補助金を支給するなどして、経済的な支援を行っています。
外装リフォームに対する補助金の内容は地域ごとに異なりますが、多くの自治体で導入しているのが、省エネリフォームへの補助です。これは屋根材や外壁材を張り替える際などに、断熱性を向上させるような資材を利用した場合にその工事費用の一部を助成するというものです。
窓を複層ガラスにする、遮熱タイプの塗料を使って塗り直しをするなどの場合にも適用されます。

外装リフォームを行う時は窓関係も考慮に入れると魅力がアップ

家の外観を維持することは、美観を保つことと同義ですから、毎日掃除をすることは欠かせません。
経年劣化が進んでしまうと、家そのものも劣化して見えてしまいますが、それらは外装リフォームをすることで解決することができます。
劣化した部分を補修して塗料を塗ることで、新築のように綺麗になりますし、屋根も同じことが当てはまります。
外装リフォームをするときは、家の外観全てが当てはまることになるので、当然ながら窓関係も考慮することをおすすめします。
窓のリフォームをする人も増加傾向にあり、その理由は防犯対策や寒さ対策など様々です。
防犯対策としては、二重窓やロック機能を増やすことで、外からの侵入を防ぐことを可能にしています。
二重窓にすることで、寒いエリアでは外からの冷たい気温を入り込ませないようにすることができますし、夏にもエアコンで冷えた快適な空気を外に出さないようにすることができるからです。
窓関係も同時にリフォームを行うようにすれば、見積もり請求などの手間も一度で済ませられるので、面倒がありません。

外装リフォームのカラーを選ぶときのポイント

外装リフォームは外壁や屋根、門扉などがあります。
こうした外装部分のカラーは、周辺環境とのコントラストも考えて選ぶことが大切です。
例えば山の麓や田園地帯で緑の木々が多い場所なのに、外壁や屋根もグリーン系にするとバックと建物が一体化してしまいます。
木々の緑が映える立地なら、外装に関しては寒色系よりも白や暖色系にするほうが家がはっきりして綺麗です。
また閑静な住宅地なのに、外壁リフォームで派手な赤色などを選ぶのは控えましょう。
あまりにも自宅だけが目立ち過ぎてしまいます。
その土地に調和するカラーにすることが、ご近所とうまくお付き合いするコツです。
色選びの際に見本パネルを使うなら、ワントーン落とした色にするのが無難です。
実際に外壁などにその色を使うと面積が広いので、見本色よりも濃く見えます。
思っていた色と違ったと後悔しないためにも、ワントーン薄目を選べば安心です。
シミュレーション機械を使って外装リフォームした状態を見ておけば失敗しません。

外装リフォームのデザインを決めるときに重要なポイント

外装リフォームのデザインを考える場合には、まずどういった業者に相談をするのかを検討する必要があります。
リフォーム業者は複数存在していて、必ずしも建設業者に相談しなくてはならないわけではありません。
実際に、外装リフォームに関してはデザイン事務所など設計などに力を入れているところにも相談することが可能であるため、様々な選択肢が存在します。
また、見た目だけではなく機能性を重視する必要もあります。
外装リフォームでは、断熱性や耐久性を向上させるための工事も必要になりますので、客観的な観点から本当にそれで問題ないのかを検討しなくてはいけません。
同様に、継続的に利用し続けることができるようにメンテナンス性が存在するかどうかという点も大切です。
当然ですが、住宅などの外壁にリフォームを行っていくことになるため、長期的な観点から利用し続けられるだけの耐久性が存在しないと意味がなくなるからです。
メンテナンスを含めて、外装に力を入れてくれるところでは安心して相談できます。

外装リフォームについてもっと調べる

埼玉 外装リフォーム